離乳食が辛いなら作らなくてもいい

離乳食が始まって苦労するのが、おかゆや野菜などの裏ごしと思ってるパパやママはたくさんいるのではないでしょうか。
つぶしてもつぶしても粒が残るし、一生懸命にすり潰して作っても、いざあげてみたら渋い顔をして口からベーって出されたり、手でバーンとひっくり返されたりするとショックが大きすぎます。

 

子どもの成長を感じながら、大変だと思いながら、離乳食つくりを続けているのではないでしょうか。

 

ママは寝不足

毎日、離乳食を作るのは大変です。
離乳食だけつくってるんじゃないですからね。
育児に家事と、毎日とても忙しいのに、さらに寝不足だから離乳食づくりの手間が大変です。

 

そんなに大変なのに、頑張ってしまうママがとても多いです。

 

ママは毎日やることが山盛り

育児に家事があって、毎日やることがたくさんあります。
1日が24時間では足りないぐらいです。

 

そんな忙しい毎日を過ごしていると、だんだんイライラしてきてしまいます。

 

ママはストレスが多い

頑張り続けると、いらいらしてパパにあたるようになってしまったりします。
そうなると、楽しくないですよね。

 

毎日のメニューを考え、調理の手間も変わるから、本当に大変です。
そんな時は、思い切ってベビーフードに助けてもらいましょう。

 

栄養満点のベビーフード

市販の離乳食は、安全基準が相当厳しいので、幼児に与えてはいけない食材の使用はないからです。
赤ちゃんの成長には、9つの栄養素が必要なので、メニューを考えるだけでも手間がかかりますからね。
大変な裏ごし、細かく刻むこともなくなり、大幅に時短になります。

 

離乳食作りは、ベビーフードを買うことで負担を減らせます。
しかし、夜泣きやワンオペの負担は簡単に減らすことができませんので、すこしでも楽できるところは取り入れるほうが精神的にも楽になります。

 

Mi+

 

カインデスト ベビーフード(旧ミタス) 公式サイト

 

日本の四季に合わせた旬の野菜が届きます。